Recent Comments
Archives
Search this site :
頑張れ全日本 柳本ジャパン!!2006世界バレー(バレーボール世界選手権)

参加24チームが抽選の結果に基づき、A、B、C、D4つのプールに6チームずつ分けられる。
各プール内で総当たりのリーグ戦を行う。つまり、第1次ラウンドでは各チーム5試合を行う。
各試合の勝者には、勝ち点2ポイントが与えられる。敗者には、勝ち点1ポイントが与えられる。棄権の場合は、0ポイントとなる。勝ち点が同じチームがいる場合、得点率によって順位が決定される。
(※全試合の得点を失点で割ったものが得点率)
第2次ラウンドにおいても、同様のルールが適用される。各プールの上位4チームが第2次ラウンドに進出することができる。合計16チームが第2次ラウンドに進むことになる。
各プールの5位チーム(合計4チーム)は、第1次ラウンドで戦いを終え、総合成績は17位にランクされる。各プールの6位チーム(合計4チーム)は、第1次ラウンドで戦いを終え、総合成績は21位にランクされる。
第1次ラウンドでは、合計60試合が行われる。
続きを読む >>
長澤まさみ好きの必需品!! (///∇//) ⇒
TBS情報 | comments(0) | trackbacks(0)